【劣化を防ぐ】ラブドールの正しい保管方法4選!邪魔にならない収納場所

ラブドールを長持ちさせる正しい収納・保管方法4つ【場所・注意点】
この記事で解決できる悩み
  • ラブドールを収納する場所がない…
  • ラブドールの劣化が不安…
  • ラブドールをそのまま部屋に置く音はダメ?

ラブドールを購入すると困るのが収納場所。ラブドールはリアルな女性と同じくらいの大きさです。どこに保管したらいいのか分からない人は少なくありません。

この記事では、ラブドールの正しい保管方法を解説します。記事で紹介する方法で保管しておけば、ラブドールを長持ちさせられます

ラブドールは寝かせて保管するのが一般的です。少しでも劣化を防ぎたい場合は、吊るして保管しましょう。

ラブドールマニア

ベンチ式の収納ボックスを利用すれば、部屋を有効活用できます。

目次

ラブドールの収納・保管方法4選

ラブドールの収納・保管方法|4つ

ラブドールの保管方法は大きく分けて4つです。それぞれ特徴が違うので、あなたに合った保管方法を利用してください。

  • 寝かせて保管
  • 吊るして保管
  • 立たせて保管
  • 座らせて保管
ラブドールマニア

おすすめは「吊るして保管」です。

寝かせて保管

もっともスタンダードな方法が、仰向けで寝かせて保管です。ラブドールが自宅に届く際にも、寝かせた状態で届きます。

寝かせて保管する場合、ラブドールの関節は伸ばしてください。全体に重量が分散し、ラブドールの変形を防ぎます。

お尻などに負荷がかかると変形しやすいです。低反発クッションなどで保護しましょう。ラブドール専用の収納ボックスがあると便利です。

ボディとアームがくっつかないようにしてください。くっついている部分が変形する恐れがあります。

ラブドールマニア

色移りの可能性もあるので、保管の際はビニールシートなどで包んでおくと安心です。

吊るして保管

ラブドールの状態をもっとも維持しやすい方法が、吊るして保管です。ラブドールの体に負荷をかけることなく、劣化を防ぎます

吊るして保管する方法は、ヘッド取り外しタイプのみです。シームレスタイプでは吊るして保管ができません。

吊るす保管を利用する場合、専用のフックが必要です。ラブドールを購入時に付いてくる場合もありますが、自身で購入の必要がある場合もあります。

立たせて保管

自立式のラブドールであれば、立たせて保管できます。部屋に飾りたい場合などにおすすめの方法です。

自立式のラブドールはオプションで付与できます。しかし自立部は金属なので、お風呂に入るとき洗浄するときには気をつけてください。

しかし、長期間立たせたままの保管はおすすめできません。理由は以下の3つです。

  • 転倒の恐れ
  • 空気に触れる(劣化の恐れ)
  • 足に負担がかかる(破損の恐れ)
ラブドールマニア

立たせて保管する場合は、高温多湿を避ける場所に置いてください。

座らせて保管

ラブドールを座らせて保管しておく方法もあります。立たせて保管する場合と同じく、部屋に飾っておく場合などにおすすめです。

座らせて保管する場合、お尻への負担に気をつけてください。長時間座らせておくと、お尻が変形する可能性があります。

ラブドールを座らせる場合は、お尻にクッションなど柔らかいものを敷きましょう。立たせている場合と同じく、高温多湿を避けてください。

お尻だけでなく腰・ひざ・太ももにも負担をかけます。座らせて保管する方法はあまりおすすめできません

ラブドールを収納・保管する場所

ラブドールの収納・保管方法|場所

ラブドール利用者が保管している場所は以下の4つです。

  • 倉庫に保管
  • ベッドの下に保管
  • クローゼットに保管
  • ベンチ式収納ボックスに保管

倉庫に保管

自宅に倉庫がある場合、ラブドールを保管するのに便利です。部屋のスペースを圧迫する心配がありません

倉庫に保管する場合には高温多湿に注意してください。ラブドールが変形・変色するなど、劣化を早めます。

倉庫に保管する場合でも、収納ボックスなどに入れておくことをおすすめします。収納ボックスに入れておけば空気に触れないため、状態を維持することが可能です。

ラブドールマニア

ただし、使用するときに倉庫からラブドールを運ぶのが面倒です。

ベッドの下に保管

ベッド下にスペースがある場合、ラブドールを保管するのに適しています。部屋のスペースを圧迫することなく、使用するときも取り出しやすいです。

そのままラブドールを床に置くのはいけません。長時間置いておくとラブドールが変形します。柔らかいクッションを敷くか、収納ボックスで保管しましょう。

ベッド下は人目につきにくいです。来客などの場合でも、ラブドールの存在に気づかれません。ラブドールを寝かせて保管するならベッド下はおすすめです。

クローゼットに保管

ラブドールを吊り下げて保管する場合、クローゼットが最適な場所です。フックを引っ掛ける場所が付いており、さらに直射日光を避けられます

クローゼットに保管する場合、衣類や壁とラブドールが接触しないように注意してください。接触すると色移りの可能性があります。

立たせて保管しておく場合でもクローゼットはおすすめです。衣類や壁との接触に気をつける必要はありますが、人から隠せます。

ラブドールマニア

クローゼットはラブドールを縦に保管する場合におすすめの場所です。

ベンチ式収納ボックスに保管

ラブドールの専用収納ボックスの中にはベンチ式もあります。収納とインテリアの両方の役割をこなすおすすめの保管方法です。

ベンチ式収納ボックスには鍵付きタイプもあります。ラブドールを家族にバレたくない人にもおすすめです。

少しコストがかかるのがデメリット。しかし、部屋に座る場所ができるのは便利です。

ドール用格納カウチ

ラブドールの収納・保管するときの注意点

ラブドールの収納・保管方法|注意点

ラブドールはただ保管しておけばいいというわけではありません。以下4つの注意点を押さえていないと劣化を早めます。

  • 服を着せない
  • 高温を避ける
  • 適度に換気する
  • 硬い場所に置かない

服を着せない

ラブドールを保管するときに服を着せてはいけません。衣類の色がラブドールの肌に移る可能性があります。

どうしてもラブドールに服を着せたい人は、下記の条件を満たしてください。裸の状態が望ましいですが、まだ色移りの可能性が少ないです。

  • 白色の衣類
  • コットン素材のの衣類

夏場に服を着せたままにしておくと、熱がこもって劣化を早めます。直射日光の当たらない、風通しの良い場所に裸で保管しましょう。

高温を避ける

ラブドールを保管する場所は、高温を避けてください。ラブドールの肌は熱に弱いため、劣化を早めてしまいます

直射日光の当たらない涼しい場所でラブドールを保管しましょう。クローゼットなどが好ましいです。

ラブドールマニア

気温が高くなる夏は特に気をつけてください。

適度に換気する

ラブドールを保管する場所は、適度な換気が必要です。ラブドールの周りの衣類に臭いが移る可能性があります。

ゴム製でなくても、シリコンやTPEの臭いは独特です。臭い移りを気にするなら、衣類と一緒に保管するのはやめましょう。
» ラブドール|シリコンとTPEの違いを比較

お風呂や洗浄後は保管する前に必ず乾かしてください。水気が残っていると、劣化やカビ発生の手助けをします。適度に換気して臭い移りを防ぎましょう。

硬い場所に置かない

ラブドールを「寝かして保管」「座らせて保管」の場合、硬い場所に置いてはいけません。設置面に負荷がかかり、ラブドールが変形する恐れがあります。

ラブドールを置く場所はクッションを敷くなどの対策が必要です。変形したラブドールは、元には戻りません。

シリコン素材のラブドールは硬めなので長時間でなければ大丈夫です。しかし、TPE素材のラブドールは柔らかいため早く変形します。
» ラブドール|シリコンとTPEの違いを比較

メタルラックはNG

メタルラックなどは収納に便利ですが、ラブドールの体に食い込みやすいです。変形が気になるなら「立たせて保管」「吊るして保管」をおすすめします。

ラブドールを正しく収納・保管しよう

ラブドールの収納・保管方法|まとめ

ラブドールを正しい方法で保管すれば長持ちさせられます。おすすめの方法は、クローゼットに吊るして保管です。

ラブドールの保管方法には注意点があります。

  • 服を着せない
  • 高温を避ける
  • 適度に換気する
  • 硬い場所に置かない
ラブドールマニア

正しい保管方法でラブドールの劣化を防ぎましょう。

ラブドールは、セックス以外にも楽しみ方は豊富です。正しく保管して、ラブドールとの生活を100%楽しんでください。
» ラブドールの使い方・楽しみ方

ラブドールは信頼性の高いショップで購入することが大切です。ラブドール選びに失敗したくない人は、マニア厳選の通販サイトを利用してください。

\信頼性の高い販売サイトをマニアが厳選!/

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ハッピーメールで即日エッチする方法5ステップ【いきなりホテルは危険】
目次
閉じる