【ラブドールの素材】シリコンとTPEの違いを比較!どっちがおすすめ?

ラブドールの素材|シリコンとTPEの違いを比較!どっちがおすすめ?
この記事で解決できる悩み
  • ラブドールの素材でシリコンとTPEは何が違うの?
  • ラブドールの素材はシリコンとTPEのどっちがおすすめ?
  • ラブドールの素材選びに失敗したくない!

ラブドールの素材には、主にシリコンとTPEが使われています。素材ごとの特徴を知った上でラブドールを選ばなければ、購入後、後悔することに…。

この記事では、ラブドールの素材であるシリコンとTPEの違いを比較します。記事を読めば、あなたに最適なラブドールの素材が分かります

シリコンは耐久性が高く、見た目もリアルです。TPEは柔らかい素材で触り心地が良く、安価で購入できます。

項目シリコンTPE
価格高い安い
匂いほぼない少しある
重量重い軽い
見た目リアル人形感
型バリあるない
耐久性高い低い
機能性高い低い
伸縮性低い高い
ブリードほぼない少しある
ラブドールマニア

『ラブドールマニア』がおすすめするのは高品質なシリコン素材です。

\信頼性の高い販売サイトをマニアが厳選!/

目次

ラブドールの素材|シリコンの特徴

SINO DOLL
SINO DOLL
SINO DOLL

国内メーカーのラブドールで主流となっているシリコン素材。シリコン素材のラブドールには以下の特徴があります。

メリット
デメリット
  • 耐久性が高い
  • 機能性が高い
  • 匂いが少ない
  • 見た目がリアル
  • ブリードが少ない
  • 重い
  • 価格が高い
  • 型バリがある
  • 伸縮性が低い

メリット①:耐久性が高い

シリコン素材のラブドールは耐久性が高いです。購入から3年ほど品質をキープできると言われています。

長く利用したいと思えるなら、シリコン素材のラブドールがおすすめです。

メリット②:機能性が高い

シリコン素材のラブドールは機能性が豊富です。例えば、以下の機能を組み込めます。

  • 舌をつけられる
  • 目玉を動かせる
  • 歯を再現できる

少し高くても機能性の高いラブドールが欲しいなら、シリコン素材がおすすめです。

メリット③:匂いが少ない

シリコン素材のラブドールは匂いが少ないです。ほぼ素材の匂いは感じません

ラブドールとのプレイを楽しむ際に匂いは重要です。匂いを気にせずプレイに集中したいなら、シリコン素材のラブドールを選びましょう。

メリット④:見た目がリアル

シリコン素材のラブドールは、見た目がリアルに再現されています。細かいディティールまでこだわれるからです。

ただし価格によって見た目のリアル感は変わります。本物の女性に近い見た目を求めるなら、50万円以上のラブドールを選ぶことが必要です。

ラブドールマニア

TPE素材のラブドールに比べれば、20万円程度のラブドールでも十分リアルに再現されています。

メリット⑤:ブリードが少ない

シリコン素材のラブドールはブリードが少ないです。TPE素材に比べて、色移りしにくくなっています。消しゴムを触っているような感覚だと考えてください。

ただしシリコン素材のラブドールでも、全くブリードがないわけではありません。扱いには十分に注意しましょう。

デメリット①:重い

シリコン素材のラブドールは、TPE素材に比べてやや重いです。素材の性質上、仕方ありません。

ただし、実際の女性に比べれば十分に軽いです。身長や胸の大きさによっても変わります。あまり重さを気にする必要はありません。

デメリット②:価格が高い

シリコン素材のラブドールは、TPE素材に比べて価格が高いです。安くても20万円は見ておきましょう。

価格が高い分、品質は高いです。機能性や見た目のリアル感を求めれば、価格が高くなるのは仕方ありません。

デメリット③:型バリがある

シリコン素材のラブドールには、型バリがあります。型バリとは、製造の過程でできる筋のようなもの。腕などに沿って、うっすらと筋が見えます。

50万円を超える高級ラブドールになれば、型バリはほぼありません。20万円程度の安価なシリコン製ラブドールの場合は、型バリを我慢しましょう。

ラブドールマニア

服を着せて楽しむ場合は、型バリが全く気になりません。

デメリット④:伸縮性が低い

シリコン素材のラブドールは、伸縮性が低いです。シリコンはTPEに比べて硬い素材だからです。

頻繁に関節などを動かしていると、そのうち割れ目ができてしまいます。ポージングを頻繁に変えたり、多くの体位でプレイを楽しむ場合、破損しやすいです。

\信頼性の高い販売サイトをマニアが厳選!/

ラブドールの素材|TPEの特徴

WM DOLL
WM DOLL
WM DOLL

エラストマーという素材の一つで、医療分野にも用いられる最新素材のTPE。TPE素材のラブドールには以下の特徴があります。

メリット
デメリット
  • 軽い
  • 価格が安い
  • 型バリがない
  • 伸縮性が高い
  • 人形っぽい
  • 匂いが多め
  • 耐久性が低い
  • 機能性が低い
  • ブリードが多め

メリット①:軽い

TPE素材のラブドールは、シリコン素材に比べて軽いです。TPEは非常に質量の少ない素材だからです。

TPE素材のラブドールは持ち運びやすくなっています。ただし、身長や胸の大きさによって幅があり、ラブドールを選ぶポイントにはなり得ません

メリット②:価格が安い

TPE素材のラブドールは価格が安いです。10万円程度の商品も存在します。

TPE素材のラブドールは初心者でも手の出しやすい価格帯です。「初めてのラブドールだから、とりあえず試してみたい」という人に適しています。

ラブドールマニア

安さを求めるなら、TPE素材のラブドールを選びましょう。

メリット③:型バリがない

TPE素材のラブドールには、型バリがありません。素材が柔らかく、削り取っても跡が残らないからです。

ただしメーカーによって精度は違います。安いTPE素材のラブドールよりも、高級なシリコン素材のラブドールのほうがきれいに仕上がっていることもあるのです。
» ラブドールのおすすめメーカー

メリット④:伸縮性が高い

TPE素材のラブドールは伸縮性が高いです。TPEは非常に柔らかい素材だからです。

頻繁に関節を曲げたりポージングを変えたりしても、皮膚が割れにくくなっています。激しめにラブドールを扱う場合は、TPE素材のラブドールがおすすめです。

デメリット①:人形っぽい

TPE素材のラブドールは、シリコン素材に比べてやや人形っぽいイメージです。ややリアル感が足りません

シリコン素材のラブドール
シリコン素材のラブドール
TPE素材のラブドール
TPE素材のラブドール

見た目のリアルさは、シリコン素材のラブドールに軍配が上がります。よりリアルな見た目を求めるなら、TPE素材のラブドールはやめておきましょう。

デメリット②:匂いが多め

TPE素材のラブドールは、シリコン素材に比べて匂いが多めです。ゴム特有の匂いを少し感じます

匂いが気になるなら、お風呂に入れたりベビーパウダーを使ったりしましょう。匂いが多少軽減します。
» ラブドールをお風呂に入れるときの注意点

ラブドールマニア

匂いに敏感な人はTPE素材のラブドールを避けておくのが無難です。

デメリット③:耐久性が低い

TPE素材のラブドールは、シリコン素材に比べて耐久性が低いです。品質をキープできるのは、購入から1年程度と言われています。

ただし、3年保つと言われるシリコン素材のラブドールに比べて、TPE素材の価格は1/3程度。コスパを考えれば、ほぼ変わりません

デメリット④:機能性が低い

TPE素材のラブドールは価格が安い分、機能性が低くなります。以下の機能が搭載されていないことが多いです。

  • 舌の付与
  • 口の開閉
  • 歯の再現

機能性を求めるなら、TPE素材のラブドールは避けましょう。細かい機能性はシリコン素材のラブドールが解決してくれます。

ラブドールマニア

TPE素材でも、値段が高くなれば機能性が良いラブドールもあります。

デメリット⑤:ブリードが多め

TPE素材のラブドールは、シリコン素材に比べてブリードが多くなります。TPE素材は柔らかいからです。

ただし「かなり多い」ということはありません。ベビーパウダーを使うことで、ブリードは抑えられます。あまり気にしなくても大丈夫です。

\信頼性の高い販売サイトをマニアが厳選!/

ラブドールの素材|シリコン・TPEどっちがおすすめ?

シリコン素材のラブドール
シリコン素材のラブドール
TPE素材のラブドール
TPE素材のラブドール

シリコン素材のラブドールとTPE素材のラブドールはどっちも一長一短。シリコン素材・TPE素材、それぞれの素材におすすめの人は以下の通りです。

  • 品質を求めるならシリコン素材
  • 安さを求めるならTPE素材

品質を求めるならシリコン素材

品質の高いラブドールを求めるなら、シリコン素材がおすすめです。シリコン素材には、以下のメリットがあります。

  • 耐久性が高い
  • 機能性が高い
  • 匂いが少ない
  • 見た目がリアル
  • ブリードが少ない

シリコン素材のラブドールを買うには、最低でも20万円ほど必要です。しかしお金に余裕があるなら、シリコン素材のラブドールを選ぶのが間違いありません

安さを求めるならTPE素材

ラブドールに安さを求めるなら、TPE素材がおすすめです。10〜15万円程度でも、品質の良いラブドールを購入できます

ただしTPE素材のラブドールは、以下のデメリットに注意しましょう。

  • 人形っぽい
  • 匂いが多め
  • 耐久性が低い
  • 機能性が低い
  • ブリードが多め

初めてのラブドールにお試しで買うなら、TPE素材のラブドールでも十分です。用途や目的に合わせて、最適な素材のラブドールを選んでください。

ラブドールマニア

迷う場合は、少し高くてもシリコン素材のラブドールを選ぶのがおすすめです。

\信頼性の高い販売サイトをマニアが厳選!/

ラブドールの素材|シリコン・TPEの違い|まとめ

シリコン素材のラブドール
シリコン素材のラブドール
TPE素材のラブドール
TPE素材のラブドール

ラブドールの素材はシリコン・TPEのどっちでも問題ありません。違いは以下の通りです。

項目シリコンTPE
価格高い安い
匂いほぼない少しある
重量重い軽い
見た目リアル人形感
型バリあるない
耐久性高い低い
機能性高い低い
伸縮性低い高い
ブリードほぼない少しある

ラブドールとセックスする場合、見た目と匂いはかなり重要。ラブドール選びに失敗したくないなら、シリコン素材がおすすめです。

ラブドールは素材以外にも選び方のポイントがあります。満足できるラブドールを手に入れたい人は、選び方のポイントを押さえてください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ハッピーメールで即日エッチする方法5ステップ【いきなりホテルは危険】
目次
閉じる