初心者向け!ラブドールのおすすめメーカー・ブランド5選【安くて高品質】

この記事で解決できる悩み
  • ラブドールはどこのメーカーがおすすめ?
  • 高品質なラブドールが欲しい
  • ラブドール選びに失敗したくない

ラブドールはメーカーによって品質や特徴が違います。しかしラブドールのメーカーは無数にあり、何を選べばいいのかわからない人も多いです。

この記事では、初心者におすすめするラブドールメーカーを紹介します。記事を参考にすれば、ラブドールのメーカー選びに失敗しません

ラブドール初心者には「WM DOLL」か「SINO DOLL」がおすすめです。初心者でも手を出しやすい価格帯で、高品質なラブドールが揃っています。

ラブドールマニア

「オリエント工業」や「RZR DOLL(人造人)」は上級者向きです。

目次

初心者向け!ラブドールのおすすめメーカー・ブランド5選

初心者におすすめのラブドールメーカーは以下の5つです。手頃な価格で高品質なラブドールを販売しています。

  • WM DOLL
  • SINO DOLL
  • JY DOLL
  • AXB DOLL
  • SANHUI DOLL

WM DOLL

WM DOLL
WM DOLL
WM DOLL

WM DOLLは世界で初めてTPEドールを製造したラブドールメーカーです。規模は中国最大。ラブドール初心者が最初に選ぶべきメーカーと言えます。

WM DOLLの特徴は、310種類以上もあるベッドパターン。さらにボディラインナップも豊富で、あなたのお気に入りが必ず見つかります。

初心者でも手の出しやすい価格帯にも関わらず、WM DOLLの品質は安定。ヒーター加工や音声加工もできる、優秀なラブドールメーカーです。

ラブドールマニア

WM DOLLは骨格の耐久性がTPEの中でもっとも高く、長く使用できます。

\WM DOLLの販売サイト/

SINO DOLL

SINO DOLL
SINO DOLL
SINO DOLL

SINO DOLLは、ラブドールの中でもっとも人気のあるメーカーの一つです。品質とコストのバランスが良く、日本人好みのかわいいヘッドが揃っています。

ボディは150cm〜がメインで、リアルな女性に近いフォルムです。シリコン製なので、やや重くなっています。

SINO DOLLは人気AV女優「天使もえ」モデルも販売。上位ブランドのTOP-SINODOLLは40万円以上と高いながらも、SINO DOLLよりもさらにクオリティの高いラブドールを販売しています。

ラブドールマニア

シリコン製のラブドールが欲しいなら、SINO DOLLがおすすめです。

\SINO DOLLの販売サイト/

JY DOLL

JY DOLL
JY DOLL
JY DOLL

JY DOLLはWM DOLLに次ぐ、中国最大級のラブドールメーカーです。会社の歴史も長く、安定した品質のラブドールを販売しています。

JY DOLLのラブドールは、骨格や関節の自由度が高いです。さまざまなポージングが可能で、あなたの理想の遊び方を実現してくれます。

ベッドパターンは240種類以上と豊富。お気に入りのラブドールが必ず見つかります。

通常のTPEだけでなく、ブリードを抑えたプラチナTPEが選択できるのもポイント。プラス6,000円程度なので、JY DOLLを選ぶときはプラチナTPEを選ぶのがおすすめです。

\JY DOLLの販売サイト/

AXB DOLL

AXB DOLL
AXB DOLL
AXB DOLL

AXB DOLLは高品質なTPE製のラブドールを販売するメーカーです。日本人好みのロリ系・幼児系を豊富に販売しています。

AXB DOLLのラブドールは、初心者でも手の出しやすい価格です。しかしその分、関節などの耐久性が低くなっています。

ラブドール初心者が練習用として購入後するには十分です。ヘッドパターンが100種類以上と豊富なので、ロリ系・幼児系が好みの人はチェックしましょう。

\AXB DOLLの販売サイト/

SANHUI DOLL

SANHUI DOLL
SANHUI DOLL
SANHUI DOLL

SANHUI DOLLはシリコン製のラブドールで第2位のシェアを誇るメーカーです。医療用の義肢などに使われるプラチナシリコンを使用しています。

SINO DOLLと比べるとややブリードが多く、骨格が弱めです。しかし可動域が広く、さまざまなポージングができます

SANHUI DOLLはラブドールマニアの中でも人気のメーカーです。本物の女性のような質感を求める人は、SANHUI DOLLをチェックしましょう。

ラブドールマニア

シリコン製のラブドールなら「SANHUI DOLL」か「SINO DOLL」がおすすめです。

\SANHUI DOLLの販売サイト/

初心者におすすめしないラブドールメーカー・ブランド

初心者にはおすすめできないラブドールメーカーは以下の4つです。初めてラブドールを購入する場合は避けておきましょう。

  • IL DOLL
  • Piper Doll
  • オリエント工業
  • RZR DOLL(人造人)

IL DOLL

IL DOLL
IL DOLL
IL DOLL

IL DOLLは初心者にはおすすめできないラブドールメーカーです。IL DOLLのラブドールは、ブリードがかなり多いからです。

お風呂に入れてベビーパウダーを付けても、すぐに戻ります。色移りしやすく、扱いには注意が必要です。

100cmのシリコンモデルの価格が20万円を超えます。商品価値と値段が釣り合っていません

質感が柔らかい点は高評価。しかし他の部分で評価するのが難しいため、ラブドール初心者にはおすすめできません。

\IL DOLLの販売サイト/

Piper Doll

Piper Doll
Piper Doll
Piper Doll

Piper Dollもラブドール初心者にはおすすめできないメーカーです。Piper dollのラブドールは、シームレスボディだからです。

シームレスボディのラブドールは、ヘッドを付け替えできません。カスタム性が薄く、飽きた場合に使わなくなります。

ボディががっちりしており、重量感がたっぷりです。150cmで32kgもあり、持ち運ぶ際には注意しなければいけません。

ラブドールマニア

ラブドール初心者がシームレスボディを選ぶと後悔します。

\Piper Dollの販売サイト/

オリエント工業

オリエント工業
オリエント工業
オリエント工業

オリエント工業は日本を代表するラブドールメーカーです。ただしラブドール初心者にはおすすめできません。

オリエント工業のラブドールは、本物の女性のように精巧です。その分、価格は50万円以上が普通の高級ラブドールに該当します。

ラブドールを好きになるか分からない初心者が買うにはリスクが大きすぎます。まずは10〜30万円程度のラブドールから始めて、徐々にステップアップしていくのが失敗のない方法です。

RZR DOLL(人造人)

RZR DOLL(人造人)
RZR DOLL(人造人)
RZR DOLL(人造人)

RZR DOLL(人造人)は、中国でもっとも高級なラブドールです。日本では「中国のオリエント工業」と言われています。

元々ハリウッド映画用のモデルメーカーだっただけに、品質は申し分ありません。ただし価格が50万円以上と、初心者が初めて買うにはリスクが大きいです。

RZR DOLL(人造人)のラブドールにはヘッドパターンが少ないのもデメリット。RZR DOLL(人造人)を買うのは、初心者向けラブドールを楽しんだ後からにしましょう。

ラブドールマニア

「オリエント工業」と「RZR DOLL(人造人)」は初心者には荷が重いです。

\RZR DOLL(人造人)の販売サイト/

おすすめのラブドールメーカー・ブランドを選ぼう

ラブドールはメーカーによってクオリティや特徴が違います。初心者におすすめするラブドールメーカーは以下の5つです。

  • WM DOLL
  • SINO DOLL
  • JY DOLL
  • AXB DOLL
  • SANHUI DOLL

「オリエント工業」や「RZR DOLL(人造人)」は、非常にクオリティの高いラブドールを販売しています。しかしあまりに高級のため、初心者にはおすすめできません。

初めてのラブドールなら「WM DOLL」か「SINO DOLL」がおすすめです。見た目やスタイルを加味しながら、お気に入りのラブドールを見つけてください。
» 失敗しないラブドールの選び方

通販サイトによって取り扱っているラブドールメーカーが違います。初めての購入なら「XloveDoll」か「日本SexSexyDoll」の利用がおすすめです。

ラブドールマニア

安全な通販サイトでおすすめのラブドールメーカーを探してみてください。

目次
閉じる