ラブドールと一緒にお風呂へ入る時の注意点|9つ【手順・選び方】

ラブドールと一緒にお風呂へ入る時の注意点|9つ【手順・選び方】
 この記事で解決できる悩み
  • ラブドールと一緒にお風呂に入りたいけど大丈夫か不安…
  • ラブドールと一緒にお風呂に入る時の正しい手順を知りたい…

 

ラブドールは本物の女性とほぼ同じ形状なので、お風呂に入れるか気になるところ。

お気に入りのラブドールであれば、一緒にお風呂に入りたいですよね。

 

結論、ラブドールと一緒にお風呂へ入ることは可能

しかし、知っておくべき注意点があるので、この記事で解説します。

 

ラブドールマニア
注意点を押さえていないと、ラブドールが悲惨なことに…

ラブドールと一緒にお風呂へ入る時の注意点|9つ

ラブドールと一緒にお風呂へ入る時の注意点|9つ

ラブドールと一緒にお風呂に入る時は、以下の9つに気をつけてください。

  • シャンプーはしない
  • 水温を上げすぎない
  • 肌を強くこすらない
  • 持ち運びは慎重に行う
  • 顔にシャワーをかけない
  • 金属部に水を触れさせない
  • 濃い色の入浴剤は使わない
  • 人間用のボディソープを使う
  • 入浴後はベビーパウダーを使う

シャンプーはしない

本物の女性とは違い、ラブドールはシャンプーしてはいけません。

ラブドールは髪の毛を埋め込まれているのではなく、ウィッグだからです。

 

ウィッグにシャンプーをしてしまうと、バサバサになってしまいます

どうしてもウィッグにシャンプーしたい場合は、ウィッグ用のケア用品を使いましょう。

 

ラブドールマニア
お風呂の時は、ウィッグを外すか髪を束ねるのがおすすめです。

水温を上げすぎない

TPE製のラブドールとお風呂に入る場合は、水温を上げ過ぎないようにしてください。

基本的に、TPE素材は耐熱性ではありません

 

シリコン製のラブドールであれば比較的大丈夫ですが、なるべく35度までに抑えましょう。

  • TPE製:30〜33度まで
  • シリコン製:35度まで

 

ラブドールマニア
温度が高いと変形や変色の恐れがあります。

肌を強くこすらない

お風呂は体をきれいにする場所ですが、ラブドールの場合は肌を強くこすってはいけません。

繊細なラブドールの肌は、少しの刺激でも傷つきやすいです。

 

ラブドールにはボディタオルを使わず、手で撫でるように洗います。

肌が傷ついてしまった場合、その後のショックは計り知れません。

 

ラブドールマニア
石鹸やボディソープを手の平につけて撫でましょう。

持ち運びは慎重に行う

ラブドールをお風呂に運ぶ時は、とくに慎重になってください。

ラブドールは重いため、バランスを崩して壁などにぶつかりやすいです。

 

ぶつけてしまうと、傷ついたり破損したりする恐れがあります。

また、無理な体制で持ち運ぶと、所有者が腰を痛めることも。

 

ラブドールマニア
人間に比べれば軽いですが、あまり舐めてはいけません。

顔にシャワーをかけない

ラブドールを洗う時、顔にシャワーがかからないように注意しましょう。

顔にシャワーをかけると、メイクが薄くなってしまいます

 

ラブドールは基本的に、下地にメイクが施されている状態です。

メイクが薄くなるとスッピン状態となり、「君…誰?」ということに。

 

ラブドールマニア
ある程度は大丈夫ですが、シャワーのかけすぎには注意してください。

金属部に水を触れさせない

ラブドールに金属部が露出している場合、水に触れさせてはいけません。

金属部に水が触れると錆びてしまいます

 

具体的に、金属部があるラブドールは以下です。

  • ヘッドの取り外し可能なラブドール:接続部に金属あり
  • 自立式ラブドール:足の裏に自立用に金属あり

 

ラブドールマニア
ラップで巻くなどして、浸水を防ぎましょう。

濃い色の入浴剤は使わない

ラブドールと一緒にお風呂に入る時、色の着いた入浴剤を使ってはいけません。

入浴剤の色が、ラブドールの肌に色移りしてしまいます。

 

色移りすると頑張って洗っても取れません。

見た目の美しさがなくなり、ラブドールに冷めてしまいます。

 

ラブドールマニア
青や緑の色がラブドールの肌に移ったら大変です。

人間用のボディソープを使う

ラブドールは、人間と同じボディソープを使いましょう。

人間用のボディソープは弱酸性なので、ラブドールの肌に刺激を与えません。

 

ラブドールは素材によってオイルが染み出しますが、絶対に強力な洗剤を使わないようにしてください。

ラブドールの肌を劣化させ、後悔することになります。

 

ラブドールマニア
あなたと同じボディソープで洗えば大丈夫です。

入浴後はベビーパウダーを使う

入浴後にはそのまま放置するのではなく、ラブドールにベビーパウダーを塗ってください。

肌が油のない状態になるため、摩擦が起きやすいです。

 

摩擦がない状態で服を着ると引っ掛かりやすく、肌を傷つける可能性があります。

ベビーパウダーをつけておけば、安全に服を着させられます

 

ラブドールマニア
メイクブラシやパフを用意しておくと、ベビーパウダーを塗りやすいですよ。

ラブドールと一緒にお風呂へ入る手順【7ステップ】

ラブドールと一緒にお風呂へ入る手順【7ステップ】

具体的に、ラブドールと一緒にお風呂に入る時の手順を解説します。

  1. 服を脱がす
  2. 髪を束ねる
  3. お風呂場へ運ぶ
  4. シャワーを浴びる
  5. 湯船に浸かる
  6. 水分を拭き取る
  7. ベビーパウダーをつける

STEP1:服を脱がす

まずは、ラブドールの服を脱がします。

説明は不要ですね。

STEP2:髪を束ねる

次に、ラブドールの髪を束ねましょう。

湯船に浸かった時や、シャワーを浴びる時に濡れてしまいます。

 

ウィッグを取るのもいいですが、雰囲気が台無しです。

 

ラブドールマニア
濡れるのが嫌な人は、タオルで巻いたりターバンしたりするのがいいですよ。

STEP3:お風呂場へ運ぶ

次に、ラブドールをお風呂場に運びます。

腰を痛めたり、ラブドールを壁にぶつけないように注意してください。

 

ラブドールマニア
破損させては大変です。

STEP4:シャワーを浴びる

湯船に浸かる前に、シャワーを浴びましょう。

ラブドールの体は汚れている可能性もあるからです。

 

顔や髪の毛にはシャワーがかからないように、首から下を流してください。

前述した通り、洗う時はボディタオルを使わずに手の平で洗います

 

ラブドールマニア
金属部がある場合は、必ずラップなどで保護しましょう。

STEP5:湯船に浸かる

ラブドールの体を洗ったら、ようやく湯船に浸かります。

狭い湯船の場合は大変ですが、密着感を楽しんでください

 

ラブドールマニア
お風呂に入りやすいポージングをさせることも大切です。

STEP6:水分を拭き取る

湯船に浸かってスッキリしたら、タオルで水分を拭き取ります。

 

しかし、こすらずにタオルを押さえるようにして拭き取ってください。

油がない状態なので、すぐに傷ついてしまいます

 

ラブドールマニア
指の間など細かい部分までしっかりと拭き取りましょう。

STEP7:ベビーパウダーをつける

水分を拭き取ったら、仕上げにベビーパウダーをつけます。

 

前述しましたが、お風呂から上がった後は油のない状態で、摩擦が起きやすいからです。

服を着る時などに摩擦が起きると、肌を傷つけてしまいます。

 

ラブドールマニア
以上、ラブドールとのお風呂を楽しみましょう。

一緒にお風呂へ入るラブドールの選び方

一緒にお風呂へ入るラブドールの選び方

ラブドールとのお風呂を100%楽しむには、選び方が大切です。

具体的には、以下の2つに注目してラブドールを選びましょう。

  • 自立式のラブドールは選ばない
  • シームレスタイプのラブドールを選ぶ

自立式のラブドールは選ばない

ラブドールとのお風呂を快適に楽しむなら、自立式を選ばないことです。

自立式のラブドールは足の裏に金属部がついており、サビの原因となります

 

シャワーくらいであればラップ等で包んでおけばOKですが、湯船に浸かると浸透する恐れも

せっかくのリラックスタイムを、「錆びるのではないか…?」と不安になるのはおすすめできません。

 

ラブドールマニア
自立式でないラブドールなら、気にせずにお風呂を楽しめます。

シームレスタイプのラブドールを選ぶ

ラブドールは、大きく分けて2種類のタイプに分かれます。

  • ヘッド取り外しタイプ
  • シームレスタイプ

 

ヘッド取り外しタイプは気軽に交換できるのでおすすめですが、お風呂に入る場合は浸透の恐れがあります

首にタオルやラップを巻けばいいものの、雰囲気が崩れてしまうのは間違いありません。

 

シームレスタイプであれば浸透の恐れもなく、落ち着いた時間を過ごせます

 

ラブドールマニア
お風呂目的であれば、シームレスタイプのラブドールがおすすめです。

» ラブドールのおすすめメーカー・ブランド

ラブドールと一緒にお風呂へ入ろう

ラブドールと一緒にお風呂へ入ろう

結論、ラブドールとのお風呂は可能です。

しかし、以下の9つに気をつけてください。

  • シャンプーはしない
  • 水温を上げすぎない
  • 肌を強くこすらない
  • 持ち運びは慎重に行う
  • 顔にシャワーをかけない
  • 金属部に水を触れさせない
  • 濃い色の入浴剤は使わない
  • 人間用のボディソープを使う
  • 入浴後はベビーパウダーを使う

 

ラブドールマニア
ラブドールとお風呂に入れば、その後のセックスにもより熱が入りますよ。

 

ラブドールは、お風呂以外にも楽しみ方は豊富です。

下記を読めば、ラブドールを100%楽しめる知識を得られますよ。

» ラブドールの使い方・楽しみ方

 

お風呂と共に、ラブドールを存分に楽しみましょう!